homeへ

R・ギアがCMで寅さん演じる

米俳優のリチャード・ギア(62)が、24日から全国放送されるサントリーの果汁入り炭酸飲料「オランジーナ」の新CM「ムッシュ」編で、「男はつらいよ」の“寅さん”役を演じている。

 この起用に同作の山田洋次監督(80)は「素晴らしい」と賛辞を送っている。

 ギアが演じているのは、「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎をモデルにしたフランス版“TORA”。CMはTORAがフランスの小さな町に、久しぶりに帰省するところから始まる。TORAは“寅さん”と同じく、中折れハットに格子柄のジャケット、手には箱型トランクを持った姿で登場。おなじみの「男はつらいよ」のテーマ曲が流れ、「ムッシュはつらいよ」のタイトルが。映画のオープニングのような叙情的世界観が演出される。

 ギアは「日本人が愛している寅さんというキャラクターを演じることによって、日本の皆さんを元気づけたい」との思いでオファーを快諾。また山田監督も原作をモチーフにすることを許可しただけでなく、テスト撮影に同行し細かな演出を指導した。CMの冒頭のシーンを見た山田監督は「最初にうしろ姿がパッと映りますね。あれが“渥美さんじゃないかな”と思うぐらい似ています。共通するのは“品の良さ”じゃないでしょうか」と絶賛した。

 27日から発売される「オランジーナ」はフランス生まれの果汁入り炭酸飲料。母国では長年愛されており、国民的な炭酸飲料水として知られている。同日放送開始の新CM「カフェ」編では、マドンナ役の美女との恋のすれ違いも描かれる。

不動産オーナーアンド不動産の概要

いわゆる経営方針です。土地だけの購入で駐車場として貸し出すのか、アパートやマンションを建てて運営するのか、または中古物件を購入するのか、など、用意できる資産にも大きく関わってきますが、経営方針は詳細情報の把握も重要なポイントです。
・立地場所や土地の広さはどれくらいか。
・入居者の対象どどの年代、人数などに設定するか。
・何戸のアパートが必要か。
・1戸当たりの家賃の金額はどれくらいか。
・駐車スペースは必要か。
・新築か中古か。
・新築の場合は、どのようなコンセプトにするか。
主に、学生や単身赴任などの一人暮らしをターゲットにした物件の中で、人気が高いのが、「家具付きアパート」です。
代表的なものとして、TVCMでお馴染みの「レオパレス」があります。
家具付き物件メインターゲットとなるのが、初めて一人暮らしをする独身者や、単身赴任で出張してきたサラリーマンなどです。
通常、一人暮らしをはじめる際には、洗濯機や冷蔵庫などの大型家電が必要になり、それらの設備をそろえるだけでかなりの金額になってしまいます。しかも、単身赴任のように、帰る家がある場合には、そろえた大型家電なども将来的に処分することが分かっている場合は余計に高く感じてしまいます。
そんな時に便利なのが家具付きの物件だという訳です。
最近では、さらに利便性を高めた物件もにんきが出ています。その利便性とは、インターネット回線やケーブルTVなど、通信関連のサービスです。
特に、パソコンをよく使う学生などに人気のようです。
つまり、アパートなどの経営では、初期費用は多少かかってしまいますが、入居率を高めることが可能で、安定した収入を得ることも可能になります。

長野一家殺害 2審も死刑判決

長野市の会社経営者一家3人を殺害し現金を奪ったとして、強盗殺人などの罪に問われ、一審長野地裁の裁判員裁判で死刑とされた元従業員松原智浩被告(41)の控訴審判決が22日、東京高裁であり、井上弘通裁判長は一審判決を支持し、弁護側控訴を棄却した。
 裁判員裁判の死刑判決に対する控訴審判決は初めて。国民から選ばれた裁判員による極刑の選択に対する、プロの裁判官の判断が注目されていた。
 控訴審で弁護側は、首謀者とされる元従業員伊藤和史被告(33)=一審死刑、控訴=が持ち掛けた計画に現実味はなく、松原被告は実行されると思っていなかったとして、計画性を否定。金品強奪への関心は薄く、「利欲目的が乏しかったとは言えない」とした一審の判断は誤りだとして、死刑回避を求めていた。